マタニティ用品 用意

マタニティ用品も揃えましょう

赤ちゃん用品にばかり目が行きがちですが、マタニティー用品もしっかりと用意しておきましょう。マタニティー用品と聞くと、妊娠期間しか使用しないような気がしますが、産後も使用する場合が殆どです。長期にわたって使用するものなので気に入ったものを選びましょう。

・マタニティーインナー
お腹も胸も大きくなり、今まで来ていた下着ではキツクなってしまいます。ゆったりとした締め付けが少ないものを選びましょう。ブラは授乳しやすい構造になっています。前のホックをはずすタイプや布が重なっているタイプ、通常のブラの形状のものやスポーツブラの形状のものまで様々なタイプ・形状があります。授乳時の事を考えて使いやすいタイプを選んでおくと良いです。基本的に購入時期は使っている下着ではキツクなってきたと感じたころですが、つわりが辛い時はマタニティーインナーの方が締め付けが少ないのでオススメです。
・腹帯
妊娠中期にになると妊婦帯を使う妊婦さんが増えてきます。お腹を支えておくことで、お腹の張りを抑え腰痛を緩和してくれます。また、お腹の冷えを防ぐこともできるので1枚は絶対にもっておいた方が良いです。腹帯は、はらまきタイプと履くタイプがあります。ご自分にあったものを選んでください。
・マタニティークリーム
妊娠線は肉割れと同じもので、一度つくと消える事はありません。妊娠中しっかりとケアをすることで、産後も綺麗なお腹を保てます。一番大切なのは保湿ケアです。安定期を過ぎた4ヵ月目から5ヵ月目に使い始めましょう。また、クリームでマッサージする事でリラックス効果もあります。