出産 お祝い返し

産まれてからのお祝い返し費用も忘れずに

出産祝いをいただいた方には、お返しとして内祝いをお贈りします。
内祝い費用も、出産費用の一部として考えておかなければなりません。
内祝いにはどれくらいの額の品物を選ぶのでしょうか。
いただいたお祝いの額の、およそ3分の1から2分の1位が相場となっています。
もちろん親戚や友人など、関係によってお返しの値段も異なってくるでしょう。

例えば1万円相当のお祝いをいただいた場合、
お返しとしては3000円から5000円程となります。
同じようなお祝いの品物を20人からいただいていた場合、
6万円から10万円の内祝い費用が必要になります。
何人かの連名で贈り物をいただいた場合には、
人数分で割った金額に対して、お祝いのお返し金額を算出すればよいです。

内祝いを贈る時期ですが、赤ちゃんが生まれて2週間から1ヶ月過ぎ、
お宮参りをする頃に、相手に届くように贈るとよいでしょう。

赤ちゃんの生後2週間から1ヶ月というと、
お母さんは赤ちゃんのお世話に大変な時期です。
内祝いのことまでゆっくり検討している暇はありません。
妊娠中に考えて、よい品物を探したりと準備をしておきたいです。

お返しに贈る品物ですが、まとめ買いをすると割引になるなど、
サービスのある店舗やカタログを選ぶと、費用の節約になります。
品物の内容ですが、お菓子やコーヒー、紅茶などの嗜好品、
またタオルなどの生活必需品といった、誰にでも使えるものが好まれます。
相手が好きな物を選べるカタログギフトも便利です。