健康保険 使えるケース 使えないケース

健康保険が使えるケースと使えないケース

妊娠出産は病気ではないため、健康保険は使えません。
ですが、妊娠出産の際でも、医療措置が必要となった場合には、
健康保険が適用となる場合があります。

例えば、つわりでも、入院が必要となるほどの状態になると、
重症妊娠悪阻という病気になり、健康保険の適用となります。
子宮頸管無力症、妊娠中毒症などの症状にも適用されます。

健診で行われる超音波検査は、健康保険の適用外ですが、
さかごや切迫早産などの検査のためであれば、保険が適用されます。
早産や流産の場合も、保険適用となります。

妊娠中に別の病気になり、治療や入院などをした場合は、
その病気に対する医療費は健康保険の適用になります。

そして出産時にも、医療措置が行われた場合には、
健康保険が適用されます。
吸引分娩、鉗子分娩、帝王切開分娩などです。
無痛分娩も医学的に必要と診断された場合には、保険の対象となります。
点滴や麻酔も、医療措置であれば対象となります。
ただ、妊娠出産は原則自由診療ですので、上記の場合でも、
産院によっては、健康保険の対象外となることもあります。

赤ちゃんが生まれてから、
なんらかのトラブルがあり集中治療室に入る場合にも、
健康保険は適用されます。

赤ちゃんの病気には、多くの場合健康保険が適用されます。
その他、乳幼児医療費助成制度などの助成もありますので、
出産後はすぐに健康保険の加入手続きを行いましょう。

これら健康保険が適用となった場合の、
自己負担割合は3割になります。