妊娠 出産 医療保険

妊娠出産と医療保険

妊娠出産は自然分娩の場合、健康保険の適用外であり、
医療保険の支給対象外でもあります。
しかし、正常分娩以外の場合には、医療保険から
手術給付金や入院給付金が支給される可能性があります。

手術を保障する医療保険に加入している場合には、
帝王切開での出産は、手術給付金や入院給付金の支給対象となります。
帝王切開の場合、自然分娩の場合に比べて入院日数が長くなります。
もしもに備えて、医療保険に入っておくと安心です。

ですが、妊娠がわかってから保険加入を検討するのでは、遅いのです。
妊娠が判明してからでも、妊娠27週目までは
医療保険への加入はできることがあります。

しかし、その多くが条件付きでの加入となります。
「特定部位の不担保」として、支給対象とならない症状が以下になります。
帝王切開、切迫早産、切迫流産、子宮頸管無力症、吸引分娩、
早期破水、子宮外妊娠、前置胎盤、妊娠中毒症などです。
妊娠出産に関わる症状には給付金が支給されないのです。
妊娠前の加入であれば、もちろんこの条件はありません。

帝王切開は手術です。手術後5年間は保険への加入が難しくなります。
出産後に他の病気になった場合の保障についても、考えておきたいです。
もし、自然分娩での出産をしたとしても、次の赤ちゃんが生まれる時に、
帝王切開となる可能性もあります。
一度、帝王切開の手術を受けると、その後5年間は、
子宮を原因とする病気での給付金の支給はありません。
しかし、5年経つとまた給付が受けられるようになります。
妊娠を考え始めた頃に、医療保険への加入も検討しておくべきです。