出産費用 出産方法

出産費用は出産方法によって違う

妊娠すると、気になるのが出産費用です。分娩方法で値段は異なってきます。安産で自然分娩なら一番安くすみますし、難産になれば帝王切開で出産費用も上がります。また、最近では無痛分娩を希望される妊婦さんも多いです。自然分娩・帝王切開・無痛分娩の費用を確認していきましょう。紹介する費用は出産費用のみですので、実際は部屋代も加算されます。

・自然分娩

医療機関によりますが、35万円〜70万円ほどです。こんなにも金額に差があるのは、健康保険や国民保険適応外なので参院によって自由に費用設定ができるからです。出産前に一度産院に確認しましょう。

・帝王切開

帝王切開になると、入院日数が自然分娩の約2倍(2週間ほど)かかり費用がかさみます。50万〜75万円ほどです。ですが、健康保険が適応されるので自然分娩と費用の差はそれほどありません。場合によっては自然分娩よしも安くなることもあるようです。ですが、術後回復のためにも入院中に用品を購入する必要があります。ですので、自然分娩費用+10万円を計算しているほうが良いです。妊娠前から、医療保険に入っている場合、給付金が支給されることもあります。一度、加入保険について確認をしておきましょう。

・無痛分娩

「無痛分娩」と聞くと費用が高くつくように感じますが、実際は自然分娩+5万円〜20万円と産院によって大きくかわります。無痛分娩を行っている産院はまだまだ少なく、全国で210ヵ所と少なく、都市部に集中しがちです。

 そのほか、切迫早産や合併症の場合も出産費用が加算されます。帝王切開同様50万円〜75万円くらいろ考えておきましょう。また、入院期間も1ヵ月と長期になります。医療費が高額のおそれがある場合は「限度額適応認定証」の申請をしておきましょう。